病院でのお話

MANIC PUNK PUSHERSのギター担当YUIMAです。

おとといの記事に書きましたけど
人差し指が痛むので現在はギターを弾いておりません。

昨日の記事にHITONIが書いてましたけど
人差し指の治療のために僕は病院へ行きました。

今日はその病院でのお話をいたします。

まず病院の受付に行きまして
名前や住所を書かされます。
その書いてる途中に
とあるおばあちゃんが清算をしていました。

受付嬢「160円になります♪」
おばあちゃん「細かくてもいい?」
受付嬢「いいですよ♪」

そしておばあちゃんは
財布からお金を全部出しました。
100円玉が1枚と10円玉が3枚
5円玉が3枚と1円玉が10枚出てきたようです。
全部で155円。

受付嬢「5円…足りませんね♪」
おばあちゃん「あら…じゃあ一万円札だすわぁ」

その瞬間である。

ユイマ「僕の財布、小銭が多くて困ってるんですよね」
受付嬢「!!!」
おばあちゃん「!!!」
ユイマ「ちょうど5円玉が多くて…」

アメイジングスパイダーマンのピーターパーカーを気取った僕は
財布から5円玉を取りだし
おばあちゃんの出したお金に僕の5円玉を添え
おばあちゃんにウインクをしました。

ユイマ「これで清算をお願いします」
おばあちゃん「いいの?」
ユイマ「いいですよ」
受付嬢「それでは160円お預かりします♪」
おばあちゃん「なんだかテレビドラマみたいだわ」
ユイマ「お、大袈裟ですよ~」
おばあちゃん「ごめんねぇ、ありがとう」
ユイマ「いえいえ!お気になさらずに!」

↑この会話を見てわかるように5円払ってからは素のユイマです。
かなり早めのキャラ崩壊。

次はレントゲン室での話。

医者「ギターで痛くなったの?」
ユイマ「そうなんですよね~」
医者「エレキ?クラシック?」
ユイマ「エレキですね!」
医者「僕はクラシックギターやってたんでね」
ユイマ「お~!」
医者「もう30年も前だけどね」
ユイマ「そうなんですか~!」
医者「そういえば昔、周りはよくエレキギター弾いてる人がいたね」
ユイマ「そうなんですか!」
医者「テケテケテケテケってね」
ユイマ「ベンチャーズですか?」
医者「そうそう。当時はベンチャーズが流行ってたんだよ。日本にもよく来たんだ」
ユイマ「ほ~」
医者「エレキギターの弦はクラシックギターと違って…」
と、ギターの話題で盛り上がりながらレントゲンを撮ってもらいました。

次は診断結果を聞きました。
ここで登場する医者はレントゲンでの医者とは違います。

医者「骨に異常はありませんね」
ユイマ「そうですか。よかったです」
医者「どんなふうに弦を押さえると痛むの?」
ユイマ「こうです」
僕はこのときに弦を押さえるジェスチャーをしました。
医者「だめだね」
ユイマ「え」
医者「人差し指を曲げるときは少し内側に曲がるようにしないと」
ユイマ「はい…」
医者「それだと逆に外側に向かって曲がってるから骨に負担がかかるんだよ」
ユイマ「これ、よくないですか?」
医者「はい」
ユイマ「どうしてもよくないですか?」
医者「はい」
ユイマ「変ですか?」
医者「変です」
ユイマ「どれくらい変ですか?」
医者「とても、変です」
ユイマ「この曲げ方はこれからしてはいけませんか?」
医者「いけないね。曲げ方を変えてこれからギターを弾いてください」
ユイマ「はい…仕方ありませんね」

そしてそのあと塗り薬をもらい
お金を払って病院を出ました。

今では皆様の閲覧、拍手、拍手コメントに応えるべく
僕は塗り薬を塗りまくっております。

アメイジングな回復力で
アメイジングな完治をし
アメイジングなスタジオで
アメイジングな演奏をし
アメイジングなユイマサウンドと
アメイジングな相棒ヒトニの歌声を
アメイジングなあなたにお聞かせします。

長くなりましたがこれだけは覚えておいてください。

DSC01608.jpg

このAコードの押さえ方は骨に負担がかかり
決してアメイジングではございません。

でわーん☆

プロフィール
P1.jpg
MANIC PUNK PUSHERS
Vocal:Hitoni
Guitar:Yuima
女ボーカルHitoni(ヒトニ)と男ギターYuima(ユイマ)により結成された東京2人組ロックバンド、MANIC PUNK PUSHERS(マニックパンクプッシャーズ)です♪
YouTubeチャンネル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
イラスト
カウンター